アプデ後の防衛について考えてみる

こんにちはタケです。

 

先日JWCで当たった強豪クランに大敗してしまいました。

そこにはアプデ後に対応出来ていないRicordoと対応できていた相手という構図が私には見え、対応できていない箇所を的確に狙われたというのが私の感想でした。

ちなみに私は配置の中に穴をあける初歩的なミスを犯しあっけなく全壊。あぅ。

 

悔しい思いをした一方で身をもって分かることが出来たことは逆に感謝したいと今は思ってきました、私が実感したアプデ後にやるべきことを下に綴りたいと思います。

 

これはあくまで私の所感なので、

I would appreciate if you could follow my recommendation as below !!

 

というか単に私のメモですが。

 

現在のトレンド
クイヒーでITシングルにタゲられずに一面及び援軍とアチャクイを処理してからの、
クイヒー合流型重バルキリ(レイジ4ヒール1)+ボウラー+配置によって+ホグの戦術が良く見られるようになった。悪く言えばバルキリーのゴリ押し。正直強豪クランの強者達はあまりこういう戦術を好まないとも一方で思っていて、単純なクイヒーなしのゴレホグも多い。
空が回しやすい場合はラバル。
援軍がラバで空が好きな人はスイサイドラバル。って感触がしています。

ケースA:クイヒーでアチャクイが処理可能な場合は、そこからのホグやラバルが多い。
ケースB:クイヒーでアチャクイが処理不可能な場合は、重バルキリやゴレホグが多い。

防衛を考える優先順位(私が思う日本人に人気のある戦術)
①クイヒー重バルキリ
②クイヒーホグ
③ゴレホグ
④クイヒーラバル
⑤スイサイドラバル
⑥ビッチ

防衛援軍は、自分の配置がどの戦術で攻められやすいかを考慮して決める
ケースAの場合、クロークを使わせるような援軍、もしくは時間稼ぎのラバ。基本クイヒーを相手にする前提。
ケースBの場合、ベビドラやネクロ系、基本ゴレとヒーローを相手にする前提。
※ラババルはしない。完全無視が可能なため。ラバの場合やウィズアチャ必須。

以下、考慮する項目。
丸数字は上記の戦術への対策に関連することを意味する。

・①②⑤アチャクイはなるべく中央に設置。
→穴あけして直ぐに処理できるような位置にはおかない。
 →アチャクイ処理必須の戦術をし難くするため。

・②③ババキンはアチャクイの近くに配置。
→もしくはホグが入って来そうな所にあえてアチャクイとは別なところに配置。

・クランの城は中央に設置して、釣り出しできないようにする。

・①②④ITのマルチを使用する際は、外側に置かない。
→一層穴あけして攻撃できる位置はNG。
 →クイヒー等で簡単に処理が可能なため。

・①②④ITシングル2つの場合は、中央のアチャクイを挟むように設置。
→アチャクイ処理をし難くするため。

・②④壁で囲まれた区画を多くする。一つの区画内の施設数を少なくする。
→ジャンプなしの重バルキリが多くなると予想されるので、侵入を遅くする。
 →その場合、なるべく密集陣として狭く配置し、資源施設を外側に配置する。

・②③バネはアチャクイやババキンとは反対側の防衛施設間に配置。
→ホグ系は必ずヒーローがいない側からくる

・②③キョバクは二連、三連にしない
→配置内にキョバクを置けそうなスペースを複数作って、安易に場所を予想できないようにする。
→ヒールを使われるので二連とする必要はない。
→ITの隣には必ず一つは置く
→ウィザードタワーの手前等、ヒールを早く使わせるような外側の位置にも置く
 →角にはあまり置かない、ビッチでもホグでも通るようなところに置く。
→簡単に解除されるような壁の外には置かない。
→アチャクイ手前に一つは置く
 →ボウラー対策

・④⑤対空砲はバランス良く置かない。
→偏り、もしくは四隅の角あたりに置く。
 →バランス良く一歩内側に置くと、ボウブリ系の数押し+スケルトン呪文で簡単にやられる。

・②③スケトラトラップは最低2つは陸で設定
→各ITの近くに一つずつ設置
→基本的にホグの経路上に置く、アチャクイの近くにはおかない

 

正直重バルキリ系は対策が難しいと思います。幅広配置にするとその分バルキリがそれやすくなるような気もしますが、そうするとクイヒー系に弱くなるので、上手い人により簡単に全壊されると思います。そういう意味では密集陣でコントロールが仕切れないバルキリ系をやらせた方が無難なのかもしれない。

なんか内容が多くなりましたが、こういうことが見えてくると(見えた気になっただけ?)どう攻めれば良いかも同時に分かるのではないかと思います。果たして今後自分が上手く攻めることができるか、様子見していきたいと思います。