クラクラが自称下手くそという全ての人に捧ぐ

「下手くそだけどよろしくお願いします」という申請文が多い件

今回は私が運営しているTH9 Ricordoによく

「下手くそだけどよろしくお願いします」という申請文で申請してくる方が多いのでその事について考えてみました。

TH9 Ricordoの特徴を示すキャッチコピー的な物として

”日本で一番気楽にTh9オンリー戦を楽しむクラン”というものを掲げているのですが、このせいかなのか新規加入の方の実に半分程度の方が必ず「下手くそだけど〜」という例の文で申請してくるのです。

結論から言うとうちはこういう申請文の方でも承認しています。

そこで今回は、長年クラン運営をやっていく中で多数の自称下手くそな方と接して感じた特徴をまず挙げていきたいと思います。

自称下手くそな方の特徴①全壊率が低い

全壊率が低い具体的には30パーセントを切る程度でしょうか。※1)

単純に確率が低いのでそのことから自分は下手くそなのではないか?と考えているのかもしれません。

こういう方は上手いか下手かの二極論で言えば下手と言えるのかもしれませんが、標準的な腕前の方が多いように思います。

自称下手くそな方の特徴②下手くそというより熱量が低い、もしくはめんどくさがり

下手かどうかはさておき「下手くそだけどよろしく〜」というような方は総じて、自分の村が毎回初見全壊され続けたとしてもなかなか配置を変えようとしない方が多い傾向です。

単純に比較すると全壊率が高い人の方が自分の村に対してメンテナンスをこまめにする傾向が高いです。

全壊率が高い方が同じような全壊をされないように修正を加える、防衛援軍を変える、配置を変える等適当なタイミングで行うのに対して、着たきりスズメ状態に村がなっている事が多いと思います。

これはクラクラに対する熱量の違い、意識の面の違いも比例する傾向かなと思われます。

自称下手くそな人の特徴③空気を読めない

攻め先を選ぶ際に、全体の手数や残っているメンバーを見て行き先を決めることは、ある程度クラン対戦をやっていく中で自然に身について行く物です。

しかし「下手くそだから〜」という方の中には全く周囲を見ず攻め先を選択するケースがあるように感じます。

この結果誰よりも全壊率が低いが、誰よりも遅く二回攻めるなどの事例は日常茶飯ですし、手がついてない村が多く残ってる中非初見の村を選択し2コケということもあります。

悪い事ではもちろんないです。でももしこれが逆になってたらクラン全体でもう少し結果が出せたのかなとは思ってしまいます。

TH9 Ricordoではちなみに対戦の結果は海外のWarMatch.usというサイトで自動記録して管理しています。

自称下手くそな人に求めたい事①防衛を頑張る

下手くそな事とだらしがないことは別物です。

毎回あっさり全壊される村をずっと使っているのなら配置を変えましょう。

攻撃が上手くいかないことが多いのなら防衛を頑張る!これは1つの道かと思います。

極論全壊を1つも取れなくても最後まで全壊されなければ”トントン”です。±ゼロ。

もしすぐ全壊されてしまうのなら周りのメンバーから意見をもらって罠の位置など改善するのもいいでしょう。

その結果全壊を取られたとしても、全壊を取られないように考えた事はプランを作る上で役に経つし、周囲も頑張っている事を認めるようになると思います。

自称下手くそな人に求めたい事②人より早く攻める

ガチ寄りなオンリークランであれば初見組と非初見組に分かれているとこもあります。

周囲の人間より確率が劣るのなら、誰より早く初見の村をめくるだけでクランからも重宝されることでしょう。

非初見の村を攻める人は言わば”決定力を持った得点王”のような立場でありゴールを外すことが少ない人が適任で、それより確率が劣るのであればまず初見の村を攻めるという事が出来ると良いです。

残りのメンバーを見て攻め先やタイミングを計れるようになる頃には、下手だろうがなんだろうがもう充分どのクランに行っても必要とされるメンバーに貴方はなっています。

自称下手くそな人に求めたい事③積極的にアドバイスを貰いそれを実行する

自分の考えるプランでやっても上手くいかない事が多いのならいっそ自分の思う通りにやろうとしない事です。自分のプランニングを捨てます。

じゃあどうすればいいのかというとプランニングの時点でアドバイスを貰いその通りにやることです。

人のプランをやるという事ですが、これが思ってるよりも難しい事です。

ほんとにそれで上手くいくのかとか、やったことが無い編成だから出来ないだとか、自分ならいつもこうやっていたという物と全く違うものを提案されると受け入れる事が出来ない人も多いです。

しかしアドバイスを貰った通りにまずやってみましょう。それをやってみた結果上手くいかなくてもいいのです。

アドバイスをした側の人間は何も言わなくても実は、アドバイス通りにやったのかなと案外見ているものなのです。

アドバイスをしても変わらず自分のプレイに固執して取り入れてもらえないのであれば、言っても意味がないので次第にアドバイスも誰からも集まらなくなります。

一方どんどん人の意見を取り入れて実践していく人間には、色々なアイディアやコツがいつも集まるようになっていきます。的を得ているものやそうでないものが集まることもあるかもしれませんが、まずやってみる人間にはどんどんみんなアドバイスをします。いいアドバイスもいっぱい集まるようになりますよ!そしてそういう人は時間はかかっても成長していきます!

私もしつこいぐらい聞く方で、上手いと思うメンバーにアドバイスを求めたりプランニングを書いて送ってアドバイスをもらったりダメ出しされたりと未だ日々やってます。

結論:下手くそな事は実はなんの問題もない

自分は下手くそだからダメなのだと思っていませんか?実は下手くそな事はほんとうのガチガチのクランを除き大抵のクランでは問題ではないのです。

本当の問題は、配置を作ったり小まめな努力をしない事だったり、全体を見て動けない事だったり、アドバイスを貰っても聞き流しているだけだったり不随する別の事です。

下手だと自認する人でも、チームプレイが出来てコミニュニケーションが取れてほんのちょっと空気が読めればどこに行っても重宝されるメンバーになれますよ!

※1)TH9