クラクラ上手くなる近道は「海外リーグ」に参戦すること?

 初めまして、Ricordo歴半年くらいのままと申します。最近は施設・壁が半額で工事できるファーミングキャンペーンがあるので、ブログなんて書かずに壁を塗っていたいのですが、、、なんとなく書いていきます。

「海外リーグ」とは何か

 冒頭にある通り、海外リーグとは何ぞやという説明をしていきます。

海外リーグとは海外の有識者が主催しているクラクラのリーグ戦です。そのまんまやないか!笑 フレンド対戦機能を用いて戦い、優勝クランを決めようや!って感じですかね。日本国内リーグでは「JWC」だったり「Clash Next」なんかが有名なのでしょうか。その海外版ですね。

規模は様々で、数クランが集まって行う小さいものから、何十クランも集まって戦っているリーグまであります。レベルも、駆け出しのクランが集まってステップアップを目指すレベルから、世界一決めようやってくらいガチガチのトップレベルのものまであります。

具体例を出すと「CWL(champions war leageu)」「NDL(No Dip Luague)」「MLCW(Miner League Clan Wars)」などなど、他にも無数にあります。上3つはRicordoも参戦したことがあり、NDLは現在も参戦中です。詳しくはリーグがまとまっているサイトがあるので参考にしてください。

(参考: https://warmatch.us/leagues )

海外リーグに参加する利点

 私はNDLに出たいからという少々不純な理由でRicordoに加入しました(今ではRicondo自体が好きですよ汗)。そこまで掻き立てられるものは何なのか。軽く書いていきます。

まともな配置と公平に戦える

 野良マッチだとTH構成がまちまちであることから勝つにしてもどうしても不可能なことってありますよね。クラン対戦リーグなんてものはその最たる例じゃないでしょうか。こっちはTH12が3人しかいないのに相手の屋根は真っ青。そんな光景見たらやる気なんてなくなってしまいますよね。仕方なく配置を見たらテンプレの回廊なりサザンクロスなり、、、なんだかなぁ、と思う人も少なくないと思います。

一方、海外リーグはフレンド対戦でお互いTH構成を決めて戦うので不公平感はありません。配置もしっかりした全壊対策陣が多いイメージです(全壊対策陣て死語?笑)。当然ですよね。勝ちたい対戦で攻略法が確立されているテンプレ陣を持ってくるなど論外ですから。ゆえにまっとうな相手とバチバチで戦えるのが楽しいのです。

海外流の攻めに触れることができる

 上記のやつって国内のリーグでもそうじゃん!ならわざわざ海外リーグじゃなくて良いじゃん!と思った方もいるかと思います。私も書き終わってから思いました笑。

海外リーグの相手って海外の人なのです。ゆえに攻め筋が日本と少し違うんですよね。そこが面白い。

突然ですが皆さんは戦術をどこから学びます?ブログ、動画、Twitter、クラメンなどなど。でもそれって日本語の媒体ですよね(海外の動画を漁っているようなガチ勢は除く)。国内リーグだとクランによって戦術の特色は異なりますが、戦術ソースが似通ってしまうので攻め筋はなんとなく、「ああこれね」ってのがだいたいかと思います。

海外クランだと「え?これでとれるの?」「こんな攻め思いつかんわ!」「ペッカ8とか訳分からんことすな!」ってのがあって見てて面白いんですよね。クラクラの異文化交流ができるのが良いですね。

上達の近道になる?

 タイトル回収です!上記2つと似通ってしまいますが。

ガチな相手の攻めを見られて、ガチな配置とにらめっこしていたらそりゃ上達もしますわなって話です。私自身も全壊率が以前はリーグ平均を大きく下回っていたのですが、最近では平均も上回り、あと一歩でランカーに!ってところまで上達できました!(自慢か!)

勝つためにチーム一丸となってVCしたりプラン相談したりするのはとても楽しいです。野良も楽しいですが、たまにはその成果をぶつける場として、日常のスパイスとして海外リーグに出ることは非常に良いと思っています。

海外リーグ参戦の為には

 出たいけどどうすれば出られるのかという話です。方法は2つあって、クランとして出るか、海外リーグに参戦しているクランに入れてもらうか、ですかね。

私自身クランの運営側に回ったことがないのであまり詳しくは分かりません。おそらくは、出たいリーグを調べて、「discord」というゲーム用のコミュニケーションツールを導入して、リーグの運営に連絡して、申請して、クラメンのリストを作って、クラメンに情報共有して、、、とかなり大変な作業があるらしいです。しかも英語で!運営の人には頭があがりませんよね、ええ。

なら海外リーグに参戦中のクランに混ぜてもらうのが手っ取り早いですね。でもそんなクランどこがあるのでしょう、、、あ!Ricordoがあった!

Ricordoは現在NDLという格下攻めなしのリーグに参戦しております。プラン相談必須でなく、ゆるーく参戦しています。しかし過去3回海外リーグに参戦した中で、全てリーグを上位で完走しプレーオフにまで駒を進めた実績があります。なぜか、そこそこ強い。

唯一のウィークポイントは人が足りないこと。人足りないので私リアルで海外旅行中にもかかわらず2垢対戦にぶち込まれたことありましたからね笑。あとは言いたいことは分かりますよね??

なんかオウンドメディアっぽい締め方になりましたね。ままが次書くことはあるのでしょうか。まあ、書きたいこと書けたので良いでしょう。またいつか。