クラン対戦、エースの存在

 お久しぶりです。ままです。TH13来たらしいですね。私も12垢持っているので上げたいのですが、海外リーグ用の12メンバーが足りなくなるというRicordo株式会社の内部事情により一旦ストップ中です。ブラック企業だなぁ…

 今回はクラン対戦の攻撃にスポットをあてて書いていこうと思います。あなたは自分がクランのエースと思っていますか?そんな人はほとんどいないと思います苦笑)でもどこのクランにもいそうなエースプレーヤーってどんな人なのでしょうか?

エースプレーヤーの条件とは?

 エースプレーヤーってどんな人なのでしょうかね。私の思うエースの条件をつらつらと書いていきます。

  • 更地を欲しい時に取ってくれる

 やっぱりこれですよね。流れが悪い時にさらっと取ってくれたり、最終盤取れれば勝ち!というときに取ってくれたり、沼っている場所を決めてくれたり。ここぞ!というときに取ってくれるのがエースだなと思います。

  • クラン内でとびぬけて上手い

  エースはクラン内の相対的なものだと思っています。 なのでエースは基本的に1人、しいて言えばMixクランなら各THに1人ずつ、Onlyクランなら2、3人が相場じゃないでしょうか。だって野球で背番号1の人が複数いたらおかしいですよね。エースと称されるプレーヤーが複数いるクランがあると思いますが、それはそのクランの絶対的水準が高いということですよね。

 上手いと言っても切り口が多いですよね。ある戦術を極めていて、刺さる配置は確実に落としてくれたり、なぞりがとにかく上手くて惜しいリプを確実に落としてくれる人だったり。とにかく何かに特化していて、そこがずば抜けている人で周りからも認められているプレイヤーがエースなのかと。

Ricordoのエースプレーヤーは誰なのか

 じゃRicordoのエースって誰なのかって話ですよ。先に断っておきますが、今回はTH11に限った話とさせてもらいます。私のメインがTH11で、ある程度特徴は把握しているつもりなので。あと、めっちゃ内輪ネタっぽくなりそう笑)

 単刀直入に申しますと、Ricordoにエースはいないと思っています。

 いないんかい!!!確かに上手い人はそろっていると自信を持って言えますが、絶対的にこの人!て人はいないと思います。みんなうまいけれどベクトルが異なり、とがり具合はそこまで差がないかなと。

 初見に強いだーさん、非初見ほぼ埋めてくれるさとりょさん、ほぼ唯一のスーラヴァ使いひぐちさん、クイヒーうまい柑橘さん、ホグ使いのゆうはるさん、ディガー専門のわかなさん、なんか更地取ってくれるかびさん、そしてドラグバットが圧倒的に上手い私。(あくまでクラン内の話)

 特徴はあれど、更地率は全体通してみれば割と同じくらいに落ち着いているイメージです。イメージです。大切なので2回言いました。データとかあるんですけどね、見るのめんどい笑)

そもそもエースプレーヤーって必要?

 そもそもエースという存在は必要なのか。

確かに、一つ絶対的な支柱があると安心ですね。半面、その人に頼ってしまう場合もしばしば。私はRicordo以外のクランにもアカウントを置いているのですが、その2つともはエースがいて、その人を軸として対戦を進めていました。難しい配置があっても必ずその人が落としてくれるという安心感がありました。半面どこか他人任せのような意識も芽生えてしまう感じがなきにしも。

 Ricordoにエースはいません。でも対戦はめちゃ強いです。現在参戦中のNDLという海外リーグでは4勝0敗の56クラン中4位で、11v11は全体の2位なのです!(2019.12.19時点)(割と強くない?)(ダイレクトマーケティング)

そうです。クラン対戦は勝つことが目的なのです。エースはいなくとも皆で必死にプランを相談し、補い合い、一人一殺くらいの精神で取り組んでおります。たぶん…エースプレーヤーはいなくても勝てます。

新しいエースプレーヤーになるのは、Ricordoの皆さんと客席の皆さん、そして、画面の前のあなたたちです! (オンバト風)

 圧倒的なスキルも持った人の下で技術を学びたい人にRicordoは向いていないかもしれません。しかし幅広くうまくなりたい、皆で協力してガチの対戦をしたい人には向いているのではないでしょうか。今回は宣伝多め。またいつか。